富士山の関東発のツアーはバスが便利

埼玉県や千葉県、東京や神奈川県などの関東発の富士山ツアーは、東京であれば新宿駅や東京駅からバスを使ったツアーが便利です。

関東発の富士山ツアーは早朝出発するプランだけでなく、金曜日の夕方から夜にかけて出発するプランもあります。富士山の五号目には深夜に到着、山小屋で仮眠してから、早朝に頂上を目指します。但し、八号目などの山小屋で休憩をして、午前0時頃など陽が昇る時間に合わせて出発するのが一般的です。山頂で御来光や雲海を見た後は再び五号目まで下ってバスで帰るのが関東発の富士山の特徴です。

関東発の富士山ツアー中には御殿場や富士宮などの登山口から入山するプランもあります。新幹線を使い距離を稼ぎ、最寄り駅から登山口までバスで移動します。吉田口から入山するコースと比べると難易度は高くなりますが、登山時には同行ガイド付のフランを使うことで難易度も下がります。途中の山小屋で暫く滞在して体を慣らしたり仮眠して体力を取り戻し頂上を目指します。

ちなみに、同行ガイドは一般的なツアーの添乗員ではありません。富士登山の経験を多く持つことや登山知識および登山技術を持つ人などからも、登山経験が浅い人や富士登山が初めての人は、同行ガイド付のブランがおすすめです。登山のベテランだと足が速く着いていけないなどのイメージを持つ人も多いかと思われますが、同行ガイドは歩く速度が遅い人を基準にガイドを行うため心配は要りませんし、富士登山の楽しさを教えてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *