名古屋発の富士山ツアーの選び方のポイント

名古屋駅を起点にして富士山に向かう名古屋発のツアーは、同じ目的地でありながらも、バス・新幹線・飛行機など3つの交通手段のプランが用意してあるのが特徴です。

名古屋発の富士登山ツアーは、アクセスが良い富士宮口ルートから山頂を目指すコース、富士山の山頂ではなく五合目から麓まで下山コースなどもあります。下山コースでは麓にある温泉宿で一泊して帰るプランもあるので、登山は無理だけど自然に触れあいたい人におすすめです。名古屋発の富士山ツアーの大半は山梨県にある富士山の登山口でもある吉田口から登山をするプラン、名古屋駅からもアクセスが良い富士宮口からブランの2種類が一般的です。

他にも須走口や御殿場口などがありますが、これらのルートは初心者向きではありませんし、ツアーに参加される人は初心者も含まれる関係からも、難易度が比較的低めの吉田口ルートのプランが多いようです。頂上を目指す時のポイントは高度に体を慣らすことです。登山口の標高は吉田口であれば2、305m、富士宮口であれば2、380mですから、下界とは違い気圧が低くなっています。

この気圧は標高が上がれば上がるほどに下がるため、人間に身体には酸欠などの影響を与えかねません。そのため、途中にある山小屋で仮眠を取るなどして体を高度に慣れさせることが富士登山には必要です。選び方のポイントは登山技術に応じて初心者であれば吉田口から入山するコース、ある程度山登りの経験がある人は富士宮口からのコースを選ぶのが安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *