名古屋発で富士宮口から富士山を目指すプラン

名古屋発の富士登山ツアーは、最も名古屋に近い富士宮口から富士山の頂上を目指すプランや山梨県側から入る吉田口ルートなどのプランが一般的です。

吉田口ルート内には山小屋が多数あるので初心者向きと言われていますので、名古屋発の富士登山ツアーを選ぶ時に覚えておくと良いでしょう。名古屋発ではバスだけで富士山に出掛けるプラン、飛行機とバスを利用するプラン、そして新幹線とバスを使う3つのプランがあり、料金や旅行日程などが異なります。

富士宮口はバスで直接行くこともできますし、新幹線で名古屋から新富士まで、ここからバスに乗り換えればアクセスも良いので便利です。所要時間としては、名古屋と新富士間が約1時間半、新富士駅から富士宮五合目までが約1時間ですから、約2時間半で富士山の登山口まで行くことができます。新富士宮口からのルートは標高2、380mの富士宮口五合目から入山します。

ここから富士宮口頂上(標高3、710m)までは約5時間30分(下りは約3時間50分)です。この所要時間は休憩を含まないもので、途中に休憩や仮眠もしくは宿泊が必要です。富士宮頂上は富士山のお鉢部分を意味するもので、吉田口ルートからのコースでは吉田口頂上と呼ぶ場所があります。4つのルートが富士山にはありますが、すべてお鉢部分に頂上があり、ここから霧ヶ峰の頂上までのコースが用意してあり、標高3、776mの場所に行くためにはお鉢を歩く必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *