名古屋発の中でも所要時間が短い富士山ツアーとは?

名古屋発の富士山ツアーは、世界遺産登録された以降人気を集めています。

これは名古屋発に限ったことではないのですが、名古屋からのアクセスが比較的便利であることも、名古屋発のツアーに人気が集まっているのでないでしょうか。名古屋発の場合、飛行機を使ったプランは羽田空港から富士山の吉田口などへのバスルートが一般的です。一度東京まで移動するので富士山を超えてしまいますが、天気が良い時などは上空からこれから登る山を見ることができる、帰りも時間帯や天候などで、自分が登った山を空の上から見ることができる魅力があります。

新幹線を利用するツアーの場合は、新富士駅からバスに乗り換えて吉田口に出向くルートや富士宮口から山頂を目指すプランなどもあります。富士宮口からのルートの場合は山小屋の数が吉田口からのルートと比べると少ないため、難易度は高めになりますが、同行ガイドが付いているプランを利用すれば初心者でも安心です。バスを使うプランも名古屋発の富士登山ツアーは多数ありますが、アクセス時間で考えた場合、短時間で登山口まで行くことができるのは新幹線とバスを乗り継ぐプラン、その次がバスで直接登山口に出掛けるプランです。

飛行機を使うプランの場合は、オプションを使うと東京観光ができるものもあるので、富士山と東京見物の両方を楽しみたい人などにおすすめです。ちなみに、富士宮口五合目からのルートは、富士山の頂上でもある霧ヶ峰に一番近いルートです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *