スノボーツアーの内容について

冬になると多くの旅行会社ではスノボー専用のパッケージツアーを企画催行するようになりますが、これらは行き先にも内容にもさまざまなバリエーションがみられますので、実際に申し込みをするのであれば、パンフレットやホームページに書かれている事項をよく確認した上で行うのがよいといえます。

特にスノボーツアーの場合には、宿泊があるものと日帰りのものの両方のタイプがあり、この区分によって内容も大幅に異なります。宿泊が付いているスノボーツアーですが、基本は日中に集合場所からバスなどで出発して、午後には現地のゲレンデに到着し、午後いっぱいはスノボーを楽しんで、その後に予約しておいたホテルに移動して、夕食その他の自由時間になるという具合です。

翌日は朝からゲレンデに出られますので、時間をたっぷりとれる点では大きな魅力です。場合によっては周辺にある観光スポットで足を伸ばしたり、温泉街の名湯をめぐったりといった、思い思いの過ごし方をするのもかまいません。またこのような過ごし方を当て込んで温泉の無料券などがツアーに付属していることさえあります。

宿泊が付かない日帰りのパターンであれば、集合場所を朝方バスで出発し、高速道路をほとんどノンストップで現地のゲレンデまで走ることになります。この場合も昼までにはゲレンデに到着できるのが普通ですので、あとは自由時間となり、かんたんな昼食をとってから午後いっぱいゲレンデで滑り、夕方の集合時刻にまたバスに戻ることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *