野沢温泉でのスノボは爽快

野沢温泉ではスキー場がたくさんあり、そこでスノボを楽しむ老若男女がたくさんいます。

パーク内ではアイテムにこれから入ろうとして、滑り降りている人がいてもその横から入り込む行為は、そのアイテムに入ることでスネいくしたと言われるので注意が必要です。自分ではそのようなつもりがなくても何気無くしてしまっている可能性のある行為なので、周りをしっかりと確認しながらアイテムに侵入するようにします。パークアイテムに関しては野沢温泉のスノボでは、専門のパーク管理人がいるので雪質や天候に合わせて適切に整備や管理を行います。勝手にスコップで削り倒したり、破損することは故意ではなくても危険なので禁止されます。

専門の管理人以外は触ることができないもの決まりで、万が一怪我などの場面に遭遇してもパトロールや管理人などの助けを呼びます。キッカーはランディングゾーンで危険な箇所に怪我をしている人がいるときは、アイテムに人が必然的に入ってこないように横へフラッグやスノボの板などを立ててわかりやすくします。

野沢温泉のスノボでは、パーク内に設置されているアイテムごとに適切な侵入スピードが設定されています。スピードをコントロールすることで入らなければ怪我をする可能性もあり、アイテムにあった適切なスピードをコントロールしていきます。安定した体制によりアイテムへチャレンジすることが大切で、特に人気のある挑戦しやすいジャンプ台には他の人との距離感を大切にします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *