志賀高原でスノボをする理由

志賀高原スキー場では、大きなものから小さなものまで含めると18つもの施設がありスノボなどをして楽しむ人の姿を見ることができます。

国内の中でも最大級とされる広さを誇っておる志賀高原スキー場なので、スノボなどのウィンタースポーツが盛んな長野県という立地にも似合っています。地元の人はもちろんのこと、観光客でわざわざ志賀高原にスノボをしに来ている人までシーズン中は特に連日にぎわいます。広さは基本的に年々増して来ていますが、設備もそれに伴い充実しています。各スキー場を結んでいるとされる無料のリフトやパークをつないでいるシャトルバスも日々運行されているので、これらのアクティビティを安心して楽しむことが可能です。

広さや充実の設備を持っている大型パークでもある志賀高原スキー場は各エリアで魅力が異なり、スノボも心置きなく楽しむことができます。1927年には長野電鉄によって湯田中駅を開業し、そこからこのエリアの一帯を開発していくことになりました。その契機として始まったのがスキー場で1937年には国際的な場所としての任命もされ、由緒正しい場所となっています。

その他国内で初めてのリフト設置も行われリゾート地としてたくさんの人から親しまれます。現在は全てを合わせると18つのパークがエリア内にありますが、それぞれのパークごとで特徴が全て違うのでゲレンデでもスキーやスノボを楽しむことができます。電車・バスなどでも利用しやすいことが利用しやすいポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *