志賀高原スキー場でウィンタースポーツ

志賀高原のスキー場は大きなものから小さなものまで合わせると、18以上のスキー場が集まっています。

国内でも最大級の広さを誇っているエリアで、ウィンタースポーツが盛んである長野県の中に位置していることも有名です。シーズンの時は連日カップルや家族連れで賑わい、年々広さを拡大して増していきます。現在進行形の状態で設備も整っている志賀高原でスキー場では、各ゲレンデを結んでいる無料で行き来できるリフトが存在しています。それぞれをつなぐシャトルバスも運行されているので、自由に行き来ができますしナイター営業も盛んです。

一日いても様々なアクティビティを楽しむことができますし、広さももちろんのこと設備も充実していることから大型ゲレンデとも呼ばれています。志賀高原エリア一帯での開発を契機として、始まったゲレンデプロジェクトですが国際的にも有名で由緒正しいとされています。そのほか国内初めてのリフト設置も有名で、国内を代表する場所として多くの人から親しまれていることも事実です。

エリア内には18つのゲレンデがあり、それぞれに特徴のある場所が存在しておりウィンタースポーツをそれぞれに楽しむことができます。電車を始めバスなどの公共交通機関を利用しアクセスが良いので、車で来る必要がなく混雑もそれほどありません。車を持っていない学生たちもアクセスがしやすいということで話題になっています。冬の長野の観光地としても人気のあるエリアとして、冬場は特に賑わっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *