八方尾根のリフト券の種類

白馬岳の山麓には数々のスキー場が開設され、冬季になれば日本全国からスキーヤーが訪れます。

特にパウダースノーとよばれる細かい粒子をもつ積雪が期待されることが人気の理由であり、そのなかにはかつて長野オリンピックの公式の会場として指定された八方尾根のスキー場も存在します。八方尾根でスキーを楽しむにあたっては、リフト券が必要となってきますが、このリフト券にはいくつもの種類が用意されていますので、現地でのリフトの使用頻度、利用する時間帯や期間などにあわせて、適切な組み合わせを選ぶのがよいといえます。

基本は1回券とよばれるもので、乗車のたびに購入するわけですが、いったんスキー場を訪れれば何度も滑るのが普通ですので、これではかえって経済的ではなくなってしまうおそれがあります。そこで別のタイプのチケットとしては、1日券や2日券といったものが挙げられます。これらはそれぞれ1日間、2日間という有効期間内であれば乗り放題になっているものですので、利用頻度が高く、滞在期間もそれなりに長いようであれば大いに活躍するものです。

そのほかにもナイター券や午前・午後券などがありますが、これらは夜間、あるいは午前や午後といった一定の時間帯だけ利用したい場合に最適なリフト券で、特に日帰りの日程で八方尾根でのスキーを楽しむ場合や、ホテルに宿泊はするものの夜間の時間帯も日中にひきつづき楽しみたい場合などに推奨される種類といえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *