八方尾根で使えるリフト券とは

八方尾根といえば白馬山麓のスキー場があるエリアのなかでも、特に良質なパウダースノーに代表されるゲレンデをもつ場所といえ、長野オリンピックが開催された際には公式の会場としても選定されたほどです。

そのためベテランのスキーヤーから初心者や子供まで、それぞれの技術に応じて使い分けられるいくつものゲレンデに分かれていて、全国各地から多くの人々が集まってきます。この八方尾根のスキー場ではリフト券を使って山頂方面まで移動をすることができますが、これにはいくつかの種類がありますので、目的にあわせて使い分けをするのがよいでしょう。

利用の際に1回だけ使うことができる1回券ももちろんありますが、何度もリフトを利用したいのであれば、1日券や2日券といったリフト券の種類もありますので、こちらを購入しておくと、当日は乗り放題で利用ができるので便利です。ほかにも午前券や午後券のようなリフト券があり、午前や午後といった時間帯を区切って利用したい場合に、またナイター券は夕方の17時以降利用したい場合に役立ちます。

東京や大阪等の主要な都市から八方尾根まで向かうバスツアーのなかには、往復の運賃相当のチケットのほかにも、このようなリフト券が加えられたパッケージツアーとして販売されているものがあり、個別にゲレンデに到着してから購入するよりもかえって安上がりになりますので、予約ができればこうしたものを申し込んでおくのもよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *